COLUMN

<< 2021年9月 >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

記事カテゴリー

2021-03-15 10:54:15
『役立つ!不動産コラム』を更新しました。
新型コロナウイルスの流行により、ライフスタイルは大きく変化しました。「住居」もそのひとつで、企業のテレワーク導入をきっかけに在宅勤務が増加。さらに感染者の多い都会を離れて、地方へ引っ越す人も目立っています。中には家族は移住し、自分は会社のあるエリアのホテルといった宿泊施設、ウイークリーマンションで暮らすという人もいるようです。

その一方で、転勤などによって引っ越しを余儀なくされる人も。しかし、外出制限が足かせになっているため、直接不動産会社へ相談にいけない、物件の内覧が難しいというケースも多く、次の住処をなかなか決めきれないこともあるといいます。

加えて気になるのが、物件が「コロナ対策をしているか否か」。他人が住んでいたのは当然だとはいえ、平時に比べれば間取り以上に部屋の回復状況が気になるところだと思います。



そこで今回は、コロナ禍の物件探しで気をつけたいポイントを調べてみました。

続きはこちらから

コメントを書く
お名前
E-mail
URL
タイトル
コメント